スペインあるもの探し Trip around Spain

スペインに3ヶ月語学留学。街で出会った面白くて素敵ものや人を集めています。I catch up nice people and interesting things during staying in Spain 3 months.

Nesthouse Lisbon Hostel (One of my best Hostel in Lisboa) 2015.7.

 

まだオープンして2ヶ月半という、ぴかぴかのホステル。

評価は少ないですが、トリップアドバイザーでは全て☆5つ(8月18日現在)

 

f:id:mmaarriiaa:20150818161918j:plain

 

ホームページ:

NestHouse | Lisbon Hostel

 

中心地からは離れています。

それでも、大通りAv. da Republicaに面しており、

地下鉄の「赤」のSaldanha(サルダーニャ)駅

目の前のゲストハウスということで、

不便は感じませんでした。

赤の路線は、オリエンテ駅までも1本で行けるので、

とても便利です。

 

バスも通っていますが、

メトロは1回1.2ユーロ(確か)で、バスより20セント安いです。

また、1日券6ユーロなので、5回乗れば元がとれてしまいます。

 

また、市内からは慣れているので、逆に静かで、

光の差し込むラウンジでゆったりできました。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818162825j:plain

 

ここも呼び鈴を押して、2階(日本式でいうと3階)に位置するホステル入り口まで

登ります。

※階段のみなので、スーツケースだときつそうです。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818162818j:plain

 

飴色の階段がよい感じです。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818162843j:plain

f:id:mmaarriiaa:20150818162933j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20150818162837j:plain

f:id:mmaarriiaa:20150818162822j:plain

入り口です。

たいてい、このドアもスタッフのかたがあけてくれます。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818165553j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20150818165608j:plain

 

キャンディーは無料です。かわいい心遣い。

フリーペーパーもたくさんあって、情報集め。

となりの受付でも、非常に丁寧に教えてくれます。

ただ、「ブックカフェある?」という質問には

「うーん・・・・」

その代わりに、本屋さんのある通りを教えてもらいました。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818165730j:plain

 

ミニテラスからの眺め。

Av, da Republica (リプブリカ大通り)です。

f:id:mmaarriiaa:20150818162849j:plain

ここにもプレステ2がありました。

ポルトガルのホステル=プレステ2なのだろうか・・・?

 

クッションカバーもさりげなく、

リスボンの地図やトラム柄でした。

f:id:mmaarriiaa:20150818162909j:plain

f:id:mmaarriiaa:20150818162859j:plain

f:id:mmaarriiaa:20150818162813j:plain

キッチンも充実していました。

 

大きな冷蔵庫にレンジ、オーブン、

食洗機…。長期滞在者が多いのもうなずけます。

 

 

f:id:mmaarriiaa:20150818162831j:plain

 

 

 

 

 

f:id:mmaarriiaa:20150818162919j:plain

f:id:mmaarriiaa:20150818162926j:plain

朝の光はため息がでるほど素敵でした。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818165521j:plain

f:id:mmaarriiaa:20150818162940j:plain

 

飲食スペース。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818164723j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20150818162946j:plain

 

写真に指がかぶってごめんなさい。

 

ベッドサイドのボックスです。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818164738j:plain

 

番号がフェルト生地で出来ていて、かわいかったです。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818164811j:plain

 

3段ベッドです。

壁にくっつけてあるから安全だと言われましたが、ちょっとこわい。

わたしは一番下希望を出していたので、安心して眠れました。

夏場は上のほうだと暑い場合があるので、

登るのが大変というのはもちろんですが、涼しく快適に眠るためにも

なるべく下にしてもらうようにしています。

あとは、遅くまで起きている人がいると、

電気がまぶしくて眠れないということもあるので、

下がやはり眠りやすいかと思います。

 

アイマスクが嫌いな私は、どうしてもまぶしいときは、

手ぬぐいを目にかぶせています。

ゴムの締め付け感もないし、熟睡することには、

無意識に除けているので、すばらしいアイテムです。

 

「旅にはてぬぐい」

 

をおすすめします。

汗拭きにしたり、

シャワーで身体を洗ったり、

ハンカチとして使ったり、

下着をつつんだり・・・・

 

f:id:mmaarriiaa:20150818165252j:plain

f:id:mmaarriiaa:20150818165309j:plain

大きな窓とロッカー

 

f:id:mmaarriiaa:20150818165354j:plain

ちょっと大きめのリュックサックが入るサイズ。

スーツケースをいれるには小さい。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818165437j:plain

 

部屋には注意事項がありましたが・・・

文字が小さすぎる!!!!

読むのを諦めました。

 

 

f:id:mmaarriiaa:20150818165951j:plain

 

トイレの飾りには笑いました。

 

私が泊まったときは、

ベルギーの建築家の同い年の女性はバカンスで。

インドからのPhDの女子学生はサマーコースに参加するため。

アメリカからの女の子は好きな男の子が住んでいるから。

フランスからの男子2人は1週間以上滞在。

コリアや中国からもちらほら・・・・

 

という感じ。

スイカを一緒に食べたり、

風のふくラウンジで、思い思いに日記を書き綴ったりと、

リラックスできる宿でした。

 

スタッフの女性たちも

他のゲストハウスで働いた経験もあるホスピタリティにあふれた人たち。

 

また行きたい宿が増えました。

Dixo's Hostel (My best Hostel in Porto, Portugal) 2015.7.

f:id:mmaarriiaa:20150818155351j:plain

 

ポルトの中心にあるホステル。

 

非常に印象がよい素敵なホステルだったので、ご紹介。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818160611j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20150818155400j:plain

 

呼び鈴を押すと、ドアをあけてくれます。

 

すぐに階段があり、受付は二階。

 

ただし、ポルトガルでは1階は0階。

日本の2階が1階にあたります。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818155217j:plain

 

絵がおしゃれです。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818155210j:plain

受付。

 

フライヤーもたくさんあります。

 

受付横に荷物置き場があり、けっこう広かったです。

f:id:mmaarriiaa:20150818155158j:plain

 

テレビ、ギターが3本、プレステ2などなど・・・・

 

ポルトワインやビールの販売もしていました。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818155205j:plain

韓国語のメッセージがいくつか。

 

韓国人はよく来るみたいです。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818155224j:plain

f:id:mmaarriiaa:20150818155233j:plain

入り口を振り返るとこんな感じ。

f:id:mmaarriiaa:20150818155248j:plain

 

女性ドミトリーの部屋からの眺め。

 

この道を下ると、海です。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818155951j:plain

 

ベッド。とてもシンプルです。

 

下に鍵付きの荷物入れがあります。

 

 

最上階に行くと、キッチンと朝食スペース、テラスがあります。

f:id:mmaarriiaa:20150818160551j:plain

f:id:mmaarriiaa:20150818160622j:plain

窓から、テラスからの眺めが最高でした。

f:id:mmaarriiaa:20150818160605j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20150818160629j:plain

階段を挟んで左手に食事スペースとテラス。

 

右手にキッチンです。本棚には本がたくさん。

 

天井から自然光が差し込み、階段を照らしています。

 

お昼頃に宿に戻ると、お掃除のおばちゃんたちが

談笑しながらご飯を食べていました。

 

朝食に「ケーキ作ったんだけどどう?」って聞いてくれる

心遣いもなんだか嬉しかった。

 

f:id:mmaarriiaa:20150818160638j:plain

Baboosh بابوش -Tipical Zapatos en Maurecco

 

バブーシュBaboosh بابوش とは?

 

モロッコの伝統的な履物のことです。

底がやわらかいものが、室内履きで

固いものが、外履き。

 

日本でも最近、人気ですね。

 

Geanada は地理的にモロッコと近いこともあり、

中心地の

1 カテドラル横

2 Calle Grand Via (グランビア大通り)に平行している通りで

 Plaza de Nueva (新広場)とグランビアの間にある通り

この2カ所がモロッコ人の営む店が多く並ぶエリアです。

 

もちろん、モロッコに行った方が量は多いかもしれませんが、

デザイン的にはあまり変わりません.

なにより、値段交渉がないぶん、スペインでの購入の方が楽かもしれません。

(時間があるときなら、値段交渉も楽しいですが)

 

平均的な値段ですと、ビーズのついた室内履きは8ユーロ

外履きや、ちょっと生地がいいもの、男性ものは10ユーロです。

※ 日本だと平気で5千円とかするので、すごいぼったくりですね。

鎌倉でいちど、3千円のをみかけましたが。

 

店により違いもさほどなく、モロッコ人みんなが協力して

営んでいるという印象です。

 

私がいちばんお勧めしたいのは、

カテドラル横の「アブドュルさん」の店。

見た感じ30歳台です。

他の店とは違って、商品がきれいに並べられており、

質も良いです。

他の店だと、粗末に扱われていたり、

ごちゃごちゃしてよくみえない!場合もあるのですが、

彼のお店はきっちりしています。

 

二回目に訪れたら「おー!へいアミーゴ!元気か?」

と手を差し出してくれました。日本人なんて、みんな顔が同じという人が多い中で

1度会ったきりの名前を覚えていてくれたとは!

感激です。そして、商売人だなと感じます。

彼はテテゥアン出身なので、先日行ってきたよ、とても気に入ったと報告すると、

非常に喜んでくれました。

 

アラビア語も少し教えてもらいました。

シュクラン!

 

もちろVISAカードも使えますよ。

彼らの生活はなかなか面白いです。

アブドュラさんは、モロッコで数学を学んだ後、

スペインで経済学(・・・おそらく。やたら長い専攻名だった)を

学んだそうです。優秀なんですね〜。

 

店じまい頃(21時頃)になると、

新広場近くの店のモロッコ人たちは、大きなお皿を抱えて歩いてきます。

で、まわりの店主たちに、「今日来るか?いつものあの場所で食べてるぞ」

みたいな感じで、声をかけながら歩いていました。

同業者がみんな家族みたいですね。

 

日本人にとってはおそらく、下駄や草履みたいな存在の

バブーシュ بابوش 

グラナダやモロッコに行く機会があれば、

ぜひ一度は手に取ってほしいものです。

 

 

参考ページ

イーコムアラビア語ネット

ja.myecom.net

 

バブーシュの他にもアラブの文化がわかりやすく紹介されており、

とても興味深いです。

 

KLING (Clothing/Accessory)

f:id:mmaarriiaa:20150707224700p:plain

 

KLING

 

http://www.kling.es

 

スペイン・マドリードが本拠地のブランドです。

女の子が嬉しくなるデザインの服がたくさんです!

 

f:id:mmaarriiaa:20150707224715p:plain

 

 

写真や画像は、すべてKLINGオフィシャルホームページ&Facebookより

引用です。All of Fotos and Images are from the Official Page and Facebok page of the KLING.

 

 

f:id:mmaarriiaa:20150707224121g:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20150707224053p:plain

f:id:mmaarriiaa:20150707224058j:plain

 

 

バナナ、

アイスクリーム、

鳥、

などおもしろいモチーフのテキスタイルがいっぱいです。

布の切り替え位置なども、ふつうとはちがって

おもしろいです。

中には、着こなしがむずかしそうなのもありますが、

シンプルなかたちのも多いので、選択肢は広いです!

 

店舗は・・・

 

Madrid に3店舗+アウトレットが1店舗

Barcelona に2店舗

A Coruna, Granada, Valencia, Sevilla, Pamplpna にそれぞれ1店舗

 

スペイン国外だと、

Lyon, Bardeaux, (フランス)Dublin(アイルランド

にそれぞれ1店舗あります。

 

 

f:id:mmaarriiaa:20150707224650j:plain

 

ポスターといい、

アクセサリーといい、遊び心満載で

うきうきしちゃいませんか?

 

ぜひ、店舗のあるお店を訪れたら、足をはこんでみてください!

 

 

MAMAHUHU (Shoes/Bag/Accessory) Colombian Bland

 

ここでしか買えない?

日本には上陸していないブランドを

ちょこちょこ紹介していきたいとおもいます。

 

今回は

MAMAHUHU ママフフ

です。

 

Granadaの中心地、

通りにあるコロンビアのブランドです。

 

f:id:mmaarriiaa:20150707230111j:plain

  ロゴマークはもちろん、コロンビアカラー

 

www.mamahuhu.co

 

コロンビア・USAに店舗があり、

スペインにはグラナダに1軒というまだ小さな会社。

店名の由来は、中国語の「馬馬虎虎」です。

意味は「まあまあ。ぼちぼち。」という意味だそうです。

 

店員のおじさんに聞くと、

創業者が上海に行ったときに、この言葉が気に入って会社名にしたそうです。

 

取り扱い製品は主に「靴」「鞄」です。

すべて、コロンビアで、手作りでつくられています。

店内にはビデオも流れていました。

 

<iframe src="https://player.vimeo.com/video/127366062" width="500" height="281" frameborder="0" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe>

 

手に取ってみても、ひとつひとつこだわりと愛情を感じられる

丁寧なつくり。シンプルな作品もあれば、

2種類の異なる素材(皮とベルベット調の記事)を組み合わせたものもあります。

コロンビアカラーのかばんには

おどろかされました。

鮮やかな青、赤、黄色で下手したらうるさくなりそうなものが、

茶色の皮と調和して、うまくおさまっています。

 

コロンビアカラーはエネルギーをくれる気がします。

 

f:id:mmaarriiaa:20150707225914j:plain 

 

5.7.2015 Concerto Orchestra de Paris en Parecio de Calros V, Alhambra

f:id:mmaarriiaa:20150706232156j:plain

 

Orchestra de Paris.

パリ管弦楽団の演奏を聴きに行ってきました。

 

ホールは、Parecio de Calros V.

アルハンブラ宮殿の敷地内にあります。

 

今はちょうど、International Music and Dance Festival の期間中なので、

あちこちで無料のコンサートもあれば、

私が聴いてきたコンサートのように、一流の音楽を

お手頃な値段、かつ素敵な野外ステージで鑑賞することができます。

 

日本だと5000円以上しそうですが、

若者割引(26歳以下)があるので、すべて半額になります!

今回は17.50ユーロ(1ユーロ140円換算で、2,450円)



f:id:mmaarriiaa:20150706232316j:plain

f:id:mmaarriiaa:20150706232314j:plain

 

リハーサルも間近でみられました。

指使い、息づかいまで!

 

パリ管弦楽団は1967年設立。

現在は、福コンサートマスター(ヴァイオリン)を日本人の

千々岩英一(ちぢいわえいいち)さんが務められています。

 

 

f:id:mmaarriiaa:20150706232219j:plain

 

f:id:mmaarriiaa:20150706232258j:plain

 

スタッフは概して親切。

若いボランティアもいます。

ちょっとやってみようかな〜と思い、サイトを見ましたが、

5月末に締め切りでした。

それから審査がありますが、

スペイン語が話せることがもちろん、第一条件です。

 

この日は風がふいて、気持ちのよい夜。

曲目も王道が多く、

休憩後のラヴェルもなんだかアルハンブラにぴったり合っていてました。

アンコールは指揮者が、最初の方に消え、

オケだけでの演奏。大盛り上がり、拍手喝采でした。

パリ管弦楽団、また機会があれば聴きに行きたいものです。